Top > 仮放免申請の王道

仮放免申請の王道

仮放免申請は、最終的には在留特別許可のための口頭審査がそれに続くことが多いのですが、そうではない場合もあり、それが一度口頭審理で不許可になったものの仮放免で外に出ている場合です。この場合は、再審情願を行う必要があるのですが、再審情願は法律に定められたものではないので、いつ行うかというのはこちらサイドで決めることなのです。

仮放免 申請は、このように、その後の口頭審理を見据えた上で中身を決定する必要があり、これを間違えると、在留特別許可につながらないのです。"

関連エントリー